a-blog cms 共通データはエントリーに登録すると良さそう

a-blog cms

a-blog cmsはブログ、カテゴリー、エントリー、モジュールとカスタムフィールドを作成することができます。

共通データのカスタムフィールド場所をどこにするか悩むこともあるかと思います。

サイト全体でつかう共通パーツ、例えば「サイト全体の共通広告」などはブログのカスタムフィールドもしくはモジュールフィールドに記述することが多かったりするのかなと思います。

しかし複数の項目があり担当者も複数いる場合は、タイミングによっては編集作業を上書きされてしまう可能性があるかもしれません。

そしてこの記事の結論となりますが
サイト全体に関わるデータでも日々更新する可能性のある物はブログではなくエントリーとして登録しておくのが良さそうです。

サイト規模にもよりますが複数人の更新を想定する場合は特定のカテゴリーやデータ管理用の子ブログを作成してフィールドの値はエントリーで管理するというのが良い気がします。
用途によってモジュールIDを作成するなど手間は発生しますが、そのかわり運用でのエラーが少ない気がします。

またブログ・カテゴリー・モジュールフィールドはリビジョンは残せませんがエントリーの場合はリビジョンが残せます。 変更頻度が高い物はエントリーとして登録しておけばいざと言う時戻すことも可能ですのでこの点もありがたいなと思います。

と言うことで冒頭の例えから言うと「サイト全体の共通広告」などはエントリーとして登録すると良いのかなと思っています。

以上’’a-blog cms 共通データはエントリーに登録すると良さそう’’でした。

前の記事 次の記事

ましじめのスキルが必要ですか?

遠慮なくご相談ください。我々はあなたのプロジェクトに最善を尽くし、
あなたのウェブサイトの制作を強力にサポートすることができます。

ご連絡おまちしています!

ホームページの枠組みを5万円で作成

このホームページと同じ更新できる仕組みを”5万円”で提供しています。

サービスを詳しく見たい方へ