ウェブアクセシビリティサービス

弊社は、ウェブアクセシビリティに適合したウェブサイトの開発を得意としており、ウェブアクセシビリティの試験実施から使いやすいウェブサイトの設計、専門的なチームの編成まで、お客様のニーズに合わせた包括的なサポートを提供します。

ウェブアクセシビリティ試験の実施

JIS X 8341-3:2016に基づく試験を実施し、結果を記載したページを作成します。

ウェブページのアクセシビリティを保証するためには、試験実施だけではなく、試験後の全体的な取り組みが重要です。そのため、日々のサイト運用者が迷わないよう運用時のアクセシビリティガイドラインを必要に応じて作成します。

作成する主なページには以下が含まれます

  • ウェブアクセシビリティ方針の策定
  • ウェブアクセシビリティ検証結果
  • ウェブアクセシビリティ検証試験実施ページリスト
  • ウェブアクセシビリティ運用ガイドライン

より使いやすいウェブサイトへ

アクセシビリティ試験は重要ですが、実際に使いやすいウェブサイトを実現するためには、試験結果だけでは不十分な場合もあります。

そこで、アクセシビリティ試験の枠にとらわれず、実際のユーザー体験を重視したアプローチを採用しています。
スクリーンリーダーなどの技術を実際に使用し、ユーザーが直面する可能性のある障壁を理解し、適切な対策を講じます。

使用する主なツールには以下が含まれます

  • miChecker
  • Nu Html Checker
  • axe DevTools Pro
  • NVDA
  • TalkBack
  • VoiceOver
  • PC-Talkerなど

一歩先を行くウェブアクセシビリティ対応

JavaScriptにおける動きも妥協しません。カルーセル、タブ、アコーディオン、お問い合わせフォームのリアルタイムバリデーションなど、ウェブアクセシビリティの基準を遵守しながら、NVDAやVoiceOver等の操作性も向上させます。

さらに、これらサイトでの基本的なJavaScriptの動作については、既存のライブラリを使用せず、独自に一から開発していますのでお客様のサイトに合わせた柔軟な調整が可能となります。

使用する主なJavaScriptには以下が含まれます

  • カルーセル
  • アコーディオン
  • タブ
  • リアルタイムバリデーションなど

専門的なアクセシビリティチームでの運用とアドバイス

私たちの目標は、技術的な基準を満たすだけでなく、全ての人がストレスなく利用できるウェブサイトを提供することです。

お客様のウェブサイトを使いやすくすることで、より多くのユーザーに受け入れられ、広く利用されるようになります。

アクセシビリティ対応を通じて、ウェブサイトが持つ可能性を最大化し、誰もが使いやすく、アクセスしやすいウェブ環境を実現するために、専門的なチームを組み、運用からアドバイスまでを提供します。


ましじめのスキルが必要ですか?

遠慮なくご相談ください。我々はあなたのプロジェクトに最善を尽くし、あなたのウェブサイトの制作を強力にサポートいたします。

お問い合わせはこちらから