a-blog cmsのチュートリアルが公開されたようです。

a-blog cms

みなさんこんにちは、 WordPress、Movable Type、a-blog cms、Craft CMSと多くのCMSがありますがよく使っているものはありますか? ワクグミではよくa-blog cmsを使っております。 そんなa-blog cmsのチュートリアルが公開されましたのでご紹介。

僕がa-blog cmsを覚えていた頃も旧版ですがチュートリアルがありましたので 個人的には、おお!!!ついに新しくなった!という感じでしょうか^^

最初はさっぱりわからずでしたがチュートリアルを数回やってみると理解が深まったのを覚えています。 a-blog cms良くわからないなあという方は、うーん。そうですね… 3回ぐらいやってみると良いかもです! ぱあーと道が開けるかもしれません。一度理解すると出来ることの幅がグッと広がりますので頑張って3回チャレンジしてみてくださいm( )m

詳細は実際のチュートリアルを見て頂くとして軽く内容を見てみましょう。
https://developer.a-blogcms.jp/document/tutorial/

チュートリアルは3つのフェーズに分かれているようです。

管理画面からサイトを運用する

https://developer.a-blogcms.jp/document/tutorial/management-screen/
まずはa-blog cmsの操作方法、主に管理画面からの操作の説明なので安心ですね。 ここではモジュールやユニットといったa-blog cms特有のものをざっくり理解しておくと良いかもしれません。

HTMLとCSSだけでサイトを制作する

https://developer.a-blogcms.jp/document/tutorial/site-creation/
「beginner2018」テーマを使用してカスタマイズの練習になっています。 モジュール、カスタムフィールド、フォームなどのカスタマイズについて学べます。 「レベル10:サイトの公開するには」で登場する「チェックリスト機能」は実案件でもよくチェックする項目ですのでしっかり見ておきたいところです。

基本の総復習

https://developer.a-blogcms.jp/document/tutorial/review/static2dynamic.html
静的HTMLをCMS化するという内容です。総復習にぴったりですね。 案件でよくあるCMSのカスタマイズはこの形になるのではないでしょうか?

ここがクリア出来ればa-blog cmsのカスタマイズが出来るレベルに達しているのかなと思います。 次のステップとして自分で用意したHTMLをCMS化してみるとより理解が深まるかもしれません。

また、チュートリアル後さらに追ってみたいという方はこの辺りも覚えておくと理解が深まりそうです。

「URLコンテキストとカスタムフィールド検索」
https://developer.a-blogcms.jp/document/urlcontext/
https://developer.a-blogcms.jp/document/customfield/entry-1707.html

「ポストインクルードとPOST_2GET」
https://developer.a-blogcms.jp/document/postinclude/
https://developer.a-blogcms.jp/document/module/post2get.html

「テンプレートの動き、実行順序など」
https://developer.a-blogcms.jp/document/template/
http://atsu666.com/ablogcms/acms_template.html

a-blog cmsの情報としてはこちらでしょうか、恐らくここが情報としてがまとまっていると思います。 達人たちが記事を書いていますので気になった方のブログなど追ってみるというのも良いと思います。 a-blog cms Advent Calendar
https://adventar.org/calendars/2948

いかがだったでしょうか? ワクグミでは、a-blog cmsの構築はもちろん、 制作会社さんがa-blog cmsでちゃんと構築出来るようになるためのサポートも行っていますので、お気軽にご相談くださいm( )m

前の記事 次の記事

ましじめのスキルが必要ですか?

遠慮なくご相談ください。我々はあなたのプロジェクトに最善を尽くし、
あなたのウェブサイトの制作を強力にサポートすることができます。

ご連絡おまちしています!

ホームページの枠組みを5万円で作成

このホームページと同じ更新できる仕組みを”5万円”で提供しています。

サービスを詳しく見たい方へ